スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウエディング準備編 ~ブライダルエステ。 
結婚式は、たぶん人生に一度きり。

写真も沢山撮られるし、、、
先に式を迎えていたお友達からのアドバイスもあり、

出費は痛いけれど、気になるところだけちょこっとエステにも行きました

腕を出すデザインのドレスだったので、

課題は「太すぎる二の腕をなんとかする!!!」こと。

ネットであれこれ検索して、、、

比較的近所でブライダルエステが得意、
先払いで安心価格。化粧品の押し売り一切なし。

が決め手となって、こちらの門をたたきました

エステティックサロン「ブリエ」(栃木県宇都宮市)

20071023182259.jpeg



まずはカウンセリングをしてくれます。

結婚式の日時。気になる部分。アレルギーの有無。などなど。

頼りになりそうな美しく、凛としたマダム(←店長さんかも
との相談の結果、

二の腕のスレンダー(低中高周波とマッサージなどでセルライトに効く!)
ブライダルエステ1day (シェービング+全身・フェイシャルトリートメント)

をして頂くことに。
しめて5万円ちょっと。
何十万と掛けることも出来る中で、
この金額で目的は果たせたので、かなり満足できました☆


でもね。。。
カウンセリングを受けたのが式のわずか2ヶ月前

施術を受けるだけでは、目標まで達成できる保証はできないわよ!
という厳しいお言葉

もっと早く来るんだった・・・。
とはげしく後悔しても後の祭り

出来ることは何でもしよう!!
と藁にもすがる思いでビリー隊長のもとに入隊したのであります

20071023184637.jpg


結果。

結婚式までに二の腕-2センチ達成!!

本当はもっと痩せたかったけど。
痩せにくい場所にしては、頑張ったかなー
スポンサーサイト
ウエディング準備編 ~リング。 
_l_over.jpeg


今回はリングのお話

20071019212627.jpg


私は、とっても幸せなことに、サプライズでエンゲージリングを頂きました。

貰ったときは、全然そんな予感は抱いてなかったので
(サプライズだから当たり前か^^;)
びっくりして、

そして、、、、、

とっっっても嬉しかった。

いままでの思い出や押し込んでいた気持ちが
わーーーーっと溢れてしまって、
意に反して泣いてしまいました。
これからの一生、この気持ちを忘れずに、
相手のことを思いやっていきたいと指輪に誓ったのでした。

写真はマリッジリング、そして想いが詰まったエンゲージリングです。

ともにティファニーのもので、
マリッジ=ミルグレイン バンドリングの2mmタイプ
エンゲージ=ティファニーセッティング(立て爪)タイプです。

マリッジリングは、世の中的には、ゴツめが流行らしいですね。

しかし、これまで指輪をはめたことのないにょにょ夫。
毎日付けられるギリギリOKがこの指輪でした・・・(笑)
邪魔になって、毎日してくれなったら悲しいし

私も、形と華奢な感じが気に入ったのと、
すでに貰っていたエンゲージリングと重ね付けして
「かわいい!!」と思ったので

例によって即決めの私達、なのでした

ウエディング準備編 ~両家顔合わせ。 
さてさて、会場も決まった、ドレスも決まった。

次の 難関 ステップは『結納』です

とはいっても、私達の場合、両家ともに形式にこだわらない家だったので、
両家顔合わせを兼ねたお食事会』をすることになりました。


最近は、自宅でするケースは少なくなってるみたいですね。
私達の場合も、お互いに気兼ねせずに出来るように、
お店の一室をお借りしてすることにしました

場所は、一応結納の形式から考えて、新婦側の地元に近い料亭に決めました。
(本来は、新婦の家に新郎の家族が出向くものらしいです。)


そこで、私(たち?)らしい工夫をひとつ。

p_furo02.jpeg


この料亭には日帰り温泉も併設してあって、
お部屋で食事をした後に、露天風呂に入れちゃうんです

もちろん、両親どうしは初対面、私たちも相手の両親に会うのは2回目。

「えー!?」

と、思うかもしれませんが、いきなり裸の付き合い(笑)を
してしまうのも、距離が縮められて、かえって良かったかなーと思います

話のネタに困って気まずくならずに済みますしね

ちなみに利用したのはこちら↓
花茶寮http://www.hanasaryo.co.jp/

お部屋も静かで趣があったし、お料理も美味しかった~。

緊張であまり覚えてないですが(笑)。
ウエディング準備編 ~ドレスさがし。その2 
さて、結婚の日取りが決まってからというもの、
ゼクシィなどなど、本屋さんに並んでいるドレス特集や、
ネット、送られてくる資料を眺めては、

どんなドレスがいいかな♪」

と時間も忘れて調べまくっていた私。

南の島で、しかも夏挙式なので、軽い素材がいいな~。とか
ちょっとアンティークっぽい、エンパイアラインのドレスが可愛い!とか。。

こんなライン
big_2258.jpeg


それから、体系カバーの事も気になるしー・・・。
腕は出すべきか、出さざるべきか!?

うーーーーぬぬぬ。。。。
調べれば調べるほど、分からなくなる。。。

結局、こうしたい!という明確なイメージが掴めないまま、
韓国のウエディングドレスショップへと出向く日が来てしまいました。はぁ・・・




当日は、気合を入れて朝9時ごろに梨大(イデ)駅に着きました。

そこから阿峴(アヒョン)方向に大通りを歩いていくと
ずらーーーっと、ドレスばかりがウィンドウに飾られている通りが出現します。

フラフラ歩いていると、センスの良さそうな
ドレスが並んでいるお店に目が留まりました。

ユンデザインさんです。

日本語もなんとか話せる方がいて、(ほっ。)
一生懸命、熱心にカウンセリングをしてくれました。

「どんなラインがいいですか?」
「トレーンの長さは?」
「肩は出しますか?」・・・などなど。

私の身長や雰囲気、また、会場の雰囲気を踏まえたうえで、言われたこと。

「まず、一着着てみましょう!!」

そうなんです。
あれこれ見ているだけで、頭のなかで考えるより、着てみた方が断然早い!
しかも「着たい物」と「似合うもの」って違うんですよね。

で、着てみた1着目がこちら↓

dress.jpg

彼、私、お店の人、全員一致で「これいい!!」

なーんだ。

今まで悩んでたのが嘘みたい。

一応、2着目も着てみましたが、結局この運命の1着をキホンに
デザインしてもらいました。

私がオーダーしたのは、
①肩のストラップをやめて欲しい
②胸あきのラインをまっすぐにして欲しい
③腰のお花の数を減らして欲しい
の3点。

制作には約1ヶ月かかり、出来たら日本の自宅へ送ってくれます。
メールなどでもやりとり出来るそうで、安心できました。

お値段は、ロングベールと手袋、パニエがセットで97万ウォン
(11万円くらい?)でしたやった!

ドレス選びは1日じゃ終わらない~と聞いていたので
なんだかとっても拍子抜け(笑)。

でも気に入ったものが見つかったから、まぁいっか~。


ウエディング準備編 ~ドレスさがし。その1 
昨日に引き続き、結婚準備編です

今回は、会場の後、決めなければいけない、花嫁にとっての一大事

そう、ドレスのお話です

24.jpeg


よく聞かれるのは、「海外挙式の場合ドレスってどうするの??」ということ。

昨日ご紹介したワタベウエディングさんでも、もちろん取り扱っています。
日本でデザインを選んで、試着をして、同じサイズの物を現地で借りることも出来ます。
安心できていいサービスだな、と思いました。荷物も少なくて済むし。^^)

でも、彼のお母さんがレンタルではなく自分のドレスを持っていて、
彼の妹さんが小さい時、お嫁さんごっこをして遊んでいたよ、
という微笑ましいエピソードを聞き、「私もそうしたい!」という気持ちになりました。
私達の大切な思い出を、将来子供にも分かち合えたらステキだな、と。

加えて朗報だったのは、彼の赴任先である韓国では、ウエディングドレス一式が
10万円で手に入るという情報でした。

早速ネットで調べてみると・・・ありました!!
ソウルに、通称ウエディングストリートと呼ばれるドレスショップ街が。

http://www.seoulnavi.com/shop/shop.php?id=1134

ドレスは、ココで作ってもらおう!と満場一致で(?)決定しました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。