スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾野菜を味わおう! 
IMG_2654.jpg
これ、なんでしょう?

IMG_2658.jpg
接写!


答えは・・・


サツマイモの葉です。

この束で20元(60円)。


市場で見かけたのでゲットしてみました。

ベトナムでもよく食べられていて、
気になってはいたものの手を出せずじまいの食材でした。

八百屋のおっちゃんに食べ方を聞いたら、


「茎の下の方(1/3くらい?)をパキっと折りつつ、筋をピーっと取る。

 さっと茹でて、あとはウンチャラカンチャラで和えて食べると

 ヘンハオ(很好:so~good!)だ。」

ということで。
(身振り手振り+超カタコトの中国語+無限の想像力により解釈)



IMG_2659.jpg
茎と筋をとってみたところ。
メンドーだけど結構好きなんでうs、こういうの。


IMG_2657.jpg
息子も面白がって絡んできます。
ちょっとトトロ風(笑)

茹でろと言われたけど、
炒め物が食べたかったので(前日に食堂で食べて激うまだった)
茹でてから炒めることに。



IMG_2661.jpg

こんなん出来たよ~。

ニンニク、中華スープの素で味付け。
以上!


結果は・・・・

うーん。炒めるなら
茹で時間はほんとにサッとでいいかも。
今回は葉っぱの部分がべチャッとなってしまった。。。

茎のところも
ケチらずにバッサリとのぞいた方が
美味しいだろう。ちょっと固い。


でも、一番の方法は、
街の食堂で食べるのが
最も経済的で美味いだろう。

あ、元も子もない。
でもそれが台湾の実情。


スポンサーサイト
イタリアンを食らふ 
とってもイタリアンな気分の日曜の夜。

お友達Iさんに教えてもらったお店へ行ってみました。


IMG_2629.jpg
ひっさしぶり!!
白ワインとビール(旦那ちゃま)で乾杯~!!

何に?

台湾のアツイ夜に(別の意味で)?


IMG_2633.jpg サーモンとアスパラのサラダ。

IMG_2639.jpg IMG_2638.jpg
ハマグリのフジッリ(ショートパスタ)。
パスタにはスープとパンがついてきます。
この日はミネストローネ。息子大感激。




IMG_2635.jpg
抱擁しあう人たち。(塩さんと胡椒さん)


IMG_2637.jpg
サラミのピザ。


どれを食べても
「うまい!!!」を連発の私たち夫婦でしたが、
このピザは抜群に美味しかったです★


イタリアンテイストのクリスピーな生地。
トロットロのチーズ。
上あごベロベロ注意です!

何より、変に甘かったり
八角の匂い?(いわゆる台湾味)がしないのも重要ポインツ!

日本のイタリアンに近い味でした。

美味しゅうございました。

ランチがやっていないのが悔やまれます。



■Capriccio Bistro (卡帕丘歐風小館)

台中市明義街63號 (華美街の川沿いの道、SOGO近く)
pm3:00~am12:00
月曜日定休

どの料理も200元前後でした。
写真の分プラスフレンチフライで、1300元くらい。
台湾にしてはちと高いか・・・。

             IMG_2628.jpg





IMG_2645.jpg

帰り道、川沿いの花壇に植えられていたネギ。

ネギ??

きっと、付近には大阪人が住んでいるに違いない。

ケンミンショーの情報を鵜呑みにしている私です。
あれって正しいんですかね?


ちなみに言わせていただくと、
栃木人が焼きそばにジャガイモを入れるというのは
一部の人に限ってです。

でも、サメをモロといって普通に食べているのは本当です。
我が家では塩コショウして焼いて食べていました。

自分の常識が、非常識だとわかった時。
あれは恐ろしくびっくりしますね~。

って、なんの話だったっけ???


台湾ドリンク事情。 
台湾に来てまず思ったことは、
「お茶屋さんだらけだ!」ということ。

ドリンクスタンドといったらいいのでしょうか、
街中の至る所に、
持ち帰り専用の飲み物やさんがあるのです。

試しに家の周りをひと歩きしてみるとー

s-IMG_1070.jpg s-IMG_1092.jpg
s-IMG_1093.jpg s-IMG_1096.jpg


あるわあるわ。

2軒隣り合わせなんていうのもザラで、
通りにもよりますが、
多い道筋には100メートルおきにあります。


潰れないのでしょうか???

潰れないのです!!!!!


そのくらい、台湾のお茶文化は人々に浸透していて、
なくてはならないものなのでしょう。

デパートやスーパー、本屋さん(!)などでも、
片手に飲み物を持った人をよく見かけます。

あんなに油っぽい中華料理を食べていて太らない理由は
ここにあるのでしょうか~?



突然ですが、ここで
「ドリンク屋オーダー講座~★」


1・沢山あるメニューの中から種類を選ぶ。

s-P1040256.jpg

オーソドックスな烏龍茶や緑茶から、
果汁や果物が入った「水果茶」、
養楽多(ヤクルト)や布丁(プリン)入り(!)というツワモノまであることもあります。



2・好みのトッピングを選ぶ。

珍珠や愛玉など。
もともと入っているメニューもあるし、
好きなドリンクにプラスすることもできます。(+5元ぐらい~)


3・好きな甘さ、氷の量を選ぶ。
  ホットの場合も指定できます。(熱飲:レー(←舌を丸めて))

s-P1040246.jpg

全糖(クァンタン)~無糖まで、だいたい5段階程度の中から選べます。
私的には、烏龍茶なら無糖(ウータン)、
微糖(ウェイタン)~半糖(パンタン)ぐらいが好みです。


氷も、ほとんどの店で
正常冰(ジェンチャンピン)~去冰(チュイピン)まで選択可能。


氷が沢山だと冷たくて美味しい→すぐ薄くなる、
少ないとやや冷えだけど→長く楽しめる
ので、気温と時間によって選ぶとよし。

氷が少ないほうが飲み物の量としては増えるので、
オトク感があり、私はいつも少冰(シャオピン)です。

4.「你要袋子嗎?(ニーヤオタイツーマ?=袋は要りますか?)」
   →「要(ヤオ)要ります」「不要(ブヤオ)要りません」

5.お金を払って、いただきま~す!



お店によって10%offになるメンバーズカードがあったり、
有機の茶葉を使っているお店があったりと、
特色もさまざま。

時期によっても「季節限定品」があったりして、
購買意欲をかきたれられます。

「さてさて今日はどのお店にしようかな~」なんて
考えながら街を歩くのも楽しいものです。



台湾で朝食を。 
               IMG_0806.jpg
               春水堂の烏龍奶茶(ミルクティー)




台湾で街を歩いているとよく目にする

早餐(ザオツァン)」「早點(ザオティエン)」の文字。


ファーストフードではありません。
朝ごはん、という意味です。
(ちなみにファーストフードは「速食店」です。なるほど。)


2軒ならんで早餐の店、なんていうのもザラです。

台湾の朝食といえば、
「猫も杓子もお粥に揚げパン」と勝手に思い込んでいましたが、
現実はというと・・・

早餐のお店では
土司(トースト)やら 蛋餅・葱油餅(台湾風クレープのようなもの)やらが
お粥を差し置いて大きな顔をしているではありませんか!

そしてそれに、豆乳やミルクティー、
というのがどうやら鉄板のようなのです!(2009年にょにょ調べ)

ねえさん、これは事件です!
さっそくレッツチャレンジ~!

日曜の朝、家族でモーニングセットを食す。
昔テレビでみた名古屋の光景に憧れていた私。
    (地元が近い苺ちゃん、あれは本当ですかい?)
まさか台湾に来て、夢が叶うとは。




まずは、文頭の写真のおなじみ「春水堂」で朝ごはん。


IMG_0813_20091230070819.jpg
飲み物(お茶)をオーダーすると、
プラス40元?でトースト・サラダ・目玉焼きが付きます。

IMG_0810.jpg
中華粥のセットもありました。
こちらは50?元。

しかしあれですね、
飲み物代が60元で、食べ物の方は3つもあって40元。
バランスが日本と逆!

茶芸館だけあって、そのくらいお茶には気合が入っているのですね。

確かにここの烏龍奶茶(ウーロンミルクティー)の味は、
他のどの店にも越えられない気がする・・・・。





次の日曜日もモーニング。

「Sun Egg (太陽蛋厨房)」です。

IMG_0738.jpg
家族連れで大賑わいです。
バイクもいっぱい!

IMG_0740.jpg
お向かいも早點の店。


IMG_0733.jpg
席についたら、
メニューがずらっと書いてある伝票に記入します。

小姐(シャオジエ=おねえさん。だけど、使う年齢には制限がありませんw)が
身振り・手振り・中国語・少しの英語を交えて
頑張って説明してくれました。
台湾の人って、本当に親切~~!


IMG_0737.jpg

来ました!
手前が 黒胡椒炒麺・卵のせ。
奥が 葱油餅・照焼チキン入り。

店先でジュージューやって持ってきてくれます。

美味しい~~~~!
特に葱油餅はモチっとしてて、ちょっとサク、の食感もあって。
ハマってしまい、このあと何度か食べています。


まだまだ奥深い、台湾の朝食ワールド。
しばらく挑戦は続きそうです!


今年の記事はこれが最後になります。

一年間、コメントしてくださった皆さま、
見にきてくださった皆さま、
お友達になってくれた皆さん、
ありがとうございました!!

また来年もよろしくおねがいします^^
さようなら、マンゴーカキ氷。 


              IMG_0794.jpg


私が台湾で食べたかったもの。その2。 (2?3?強欲なので、わかりませんw)

マンゴーカキ氷です。


引越しから1ヶ月ほどして、やっと食べることが出来ました。
台中でも美味しいと評判の「美村點頭冰」へ。


うんまい~~~~~~~~~~~!!!(*´∇`*)
一生大好き!!


氷がサラふわで、マンゴーがいっぱいで、ミルクがとろとろで。
病み付きになる味です。

小さめの洗面器ほどの大きさですが、一人でペロリと完食♪



で、なぜタイトルが「さようなら」なのか?

事件はその次の週に起きたのです。


IMG_0882.jpg

『冬季休業のおしらせ』

(´Д`|||) ・・・・・・・・・・


11月末から、3月中旬まで休むね!って書いてあります。

私たち、やっと出会えたばかりなのに!
もう気持ちは動き出しているのに!

さながら、ニヒルなあんちきしょうに振り回される乙女のようです。


この時は辛うじて開いていましたが、
お目当てのマンゴーちゃんはもう完売と・・・・。
(マンゴー自体の季節が終わってしまったらしい)

やりきれない想いです。
一年中食べられると思って、のんびりしてたのがいけなかった。
台湾に来たら真っ先に食べに行って、毎日でも食べたかった。
後悔先に立たず。(おおげさ?)


仕方なく、點頭冰(ミックス)と紅豆牛奶(小豆ミルク)を注文。

IMG_0881.jpg  IMG_0795.jpg

小豆は中にたっぷり入っています。

ミックスの中身は、すいか、りんご?、マンゴー(あるじゃん!)などなど。
上にのっているのは黒いもち米です。

これはこれで、おいしい。
でもマンゴーには・・・(言わずもがな)


このあと、お店自体も本当に休みに入ってしまいました。
再開する3月頃は、苺のおいしい季節だそうで、これまた期待♪

はやく春にならないかな~~~~~


IMG_0793.jpg

『美村點頭冰』
  台中市西区美村路一段176号 
  04-2301-2526

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。