スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「旅」カテゴリー 
新たに

台湾の旅☆

カテゴリーを作りました。

ついでに九份に行った記事もUPしてます。

日付は実際に行った日で書いているので、
埋もれてしまっています。

見づらくてすみません

九份その1 http://nyonyoworld.blog107.fc2.com/blog-entry-239.html

九份その2 http://nyonyoworld.blog107.fc2.com/blog-entry-240.html

九份その3 http://nyonyoworld.blog107.fc2.com/blog-entry-241.html


まだUPしていないのですが

実は「高雄」に行ったり
台北郊外の「鶯歌・三峡」に行ったりしているのです。

こちらも頑張って記事にしたいと思います!

乞うご期待~

って自分へプレッシャーをかけてみる。



スポンサーサイト
キュウフン~その3 
美味しい食事を後にして、
しばし散策。

・・・

つっても大雨なので。

階段を下りていくだけで精一杯す。

それでも、有名な台湾映画「悲情城市」の舞台になった建物や、
それ以外のなんてことない建物(民家?)さえも
何とも言えない味があって。

自分、大好物っす。(笑)


P1040757.jpg
鮮やかな色合いの街並みのむこうには

青い海が見える・・・・

青い空も見える・・・

(脳内合成中)


あーきれいだった!(←やけくそ)




さてさて、あっという間に
また体がフローズンになってしまった一行。

次はお茶で体を溶かしましょ~

九份茶坊へ。

基山街(うねうね坂)と
賢崎路(まっつぐ階段)の
ちょうど交わるところにあります。


P1040773.jpg P1040777.jpg

お店の中で橋がかかっていたり、
その下に池があって鯉が泳いでいたり。

レンガ造りに濃い木の色がほっこりして、
これまた雰囲気いいんじゃないの~♪

テイストの異なる個室がいっぱいあって、
それもまた楽しいです。

このクソ寒い中
バルコニー席で聞き茶しているグループもいましたよ。
ぎょえー。

あ、茶葉や茶器も売っています。

どれもセンスよし。
ハデハデの中国センスが苦手だな~っていう
地味趣向の方(私です)にオススメ。



P1040763.jpg
しばれた体に、囲炉裏がしみるね~~

いやホントに。
これはありがたい。


このお店のシステムは、
一人基本料金が100元(たぶん…)+茶葉代(種類による)+お茶菓子(オプション)
となっております。
残った茶葉は持ち帰れます。(結構残る)

なんかキャバクラみたいだな…行ったことないけど。

私たちは東方美人茶をチョイス。

P1040765.jpg
オネエチャンが淹れ方をレクチャーしてくれます。

お湯を入れてからの蒸らし時間、
お湯の温度。

なかなか本格的!

お茶は、ほのかに甘くて、
お花の香り→少し香ばしさ。

おいし~~~~!

おかわり~~(^◇^)
じゃんじゃん淹れて!

って、わんこそばじゃねーし!


P1040764.jpg 
お茶請けはパイナップルケーキと緑茶入りチーズケーキ。


P1040770.jpg
息子が気に行ってバクバク食べていたら
気の毒に思ったのか、

お店の人が もう一つサービスしてくれました(爆)

ところで、あれ?この顔どこかで・・・・



        IMG_2612.jpg
あ!ここにも千と千尋ワールドが。
傍若無人ぷりが、まさに「坊」そっくりだ。


P1040779.jpg

仕事で来れなかった旦那ちゃまに
ジャスミン茶をお土産に買いました♪


■九份茶坊
台北縣瑞芳鎮基山街142号
02-2496-9056
9:00~22:00
無休

台北ナビ http://www.taipeinavi.com/food/335/article/


これで九份の旅は終了です。
中身うす~~~っ。(笑)

いやいや、来てよかった。
天気のいい時に必ずリベンジします!
(脳内じゃなくて本物が見たい~)

台中からは日帰りは無理だとあきらめていたのですよ。
でも意外に近い!

台湾新幹線サマサマです。

これからも、台湾弾丸トラベラーでいきますよっ!


キュウフン~その2 
ゆる~い坂の石畳の途中で、
ふっと階段が現れます。

P1040731.jpg
どうやらこれが
九份のメインストリート、賢崎路のようです。

写真がオール暗くてすみません…

実はここ、コレのモデルとなった街として有名です。


IMG_2610.jpg


「千と千尋の神隠し」

家にあるDVDを写真に撮る…アナログすぎてごめんなさい(笑)

昭和レトロな雰囲気と、
赤い提灯が印象的で、

「なるほど!お父さんとお母さんが豚になっちゃうところだ!」

と納得。


そして・・・あの「湯屋」は

P1040750.jpgこれが・・

IMG_2614.jpgこれ。


「阿妹茶酒館」というお店です。

この地を訪れた宮崎駿サンが、
ここでお茶を楽しみながら、映画の構想を練ったそうです。


冷たい雨で凍えきった体を温めようと、
私たちもここでランチを。

P1040739.jpg P1040742.jpg

意外なくらい美味しかった(←失礼な)お通し?
の茎ワカメ。
忘れられない味です!

と、私のオーダーした海鮮麺。

あいにく食欲ゼロで、スープを啜るのみ・・・(T T)



P1040748.jpg
お店の中もレトロで素敵です。

P1040741.jpg
そして視線の先には海が・・・・
(脳内合成中)

そうなのです、
晴れた日には遠くに基隆の海が見えるらしいのです。

残念ですが、そこは持ち前の
妄想力でカバーです。


んーーーー!!!!

見えた!?!?!?


■阿妹茶酒館
台北縣瑞芳鎮崇文里市下巷20号
02-2496-0492
8:30~翌3:00
無休

続きは中国茶体験です。
キュウフン(九 イ(ニンベン)に分:ちょうふん)その1 
   P1040734.jpg


せっかく台湾に来たのだから!

ちょっとは観光っぽいこともしなくちゃね。


ということで九份(チョウフン)に行ってきました。



台北まで新幹線で1時間、
ローカル線に乗り換えて1時間、
そこからタクシーで15分ほどの道のりです。


九份に着くなり、

大雨。

つーか暴風雨?


えーと、悪いことをした覚えはないのですが、神様。
仕方ない、これもまた一興ということで。


P1040729.jpg

セブンイレブンの前でタクシーを下ろされて(一律180元)、
アーケードのようでアーケードでない
(軒先が連なっているだけ=屋根がつながっていないのです=雨じゃじゃ漏れ)
お土産街を行きます。


平日で、こんな天気なのもあって、
観光客はいるものの、ベビーカーでも行けそうなスカスカ具合。
メインの通り以外は坂道だし。

ちっ・・失敗だったか?

いえいえ、大雨ですので、おんぶに傘が正解だった。はず。


テンションが下がりかけた一行。
ふと一件の店が目に留まる。

P1040728.jpg P1040727.jpg

P1040726.jpg IMG_2608.jpg

ハンコやさん。
材料もいろいろ、値段も色々。
私と妹は一番お手頃なプラスチックのクリアーなタイプにしました。

おじさんがその場で彫ってくれます。(所要5分ほど)
息子の名前を中国字体で彫ってもらいました。
カッコイイ!
1本300元なり。

■秋風印舗
台北縣瑞芳鎮基山街106號
02-2496-7768
0926-847180



P1040730.jpg
何でもない路地も絵になります。
住むのは大変そうだけど・・・。


続きは千と千尋の舞台へ~
台北ふらふら 
台北動物園の帰りに寄り道。

復興地区でお買い物。

IMG_2494.jpg
SOGOの前には桜が咲いてました。
(プラスチックの・・・)
写真を撮る人で大賑わい。




微風広場(BREEZE)。

無印良品、franc franc、紀伊国屋書店、
Dean&Deluca・・・。

ってここは東京か!

化粧品コーナーもまるで日本のデパート。

ジミーチュウとか憧れブランドもいっぱいあって。


いいなあ~~~

台北、都会だなあ~~~

すっかりオノボリを満喫です。



そして、おなかを満たしに行ったのは
鼎泰豐(ディンタイフン)」

ベタですね~~~


ちょっと夕食には早めに行ったのに

IMG_2495.jpg 番号札5番。

こんなんですよ。

IMG_2496.jpg 私たちは91番!!


ひょええええええええ~~~~


いつになったら食べられますか!?
明日になったら食べられますか!?


お姉さん「60分から80分待ちです」

ほんとかよ~~~

でも食べたいし。


で、60分後に再び来てみると見事81番まで進んでました!
すごいハイペース。
うれしいけど。


席について、料理が出てくるときにその謎が解けた。

IMG_2504.jpg はいお待ちっ!蒸し餃子!

IMG_2506.jpg IMG_2505.jpg
はいはいどーぞどーぞ。

IMG_2508.jpg
はいっこれで全部ですね~!小籠包でーす!!


出てくる出てくる。
店員さんがテキパキしすぎて
こっちまでテキパキがうつりそう!

というか、うつっているんだろーな。

だから、あんな速さで客席が回転するんだろーな。


ま、それは置いておいて。
小籠包はやっぱりとっても美味しかったです。

中身のスープの味が濃くて
日本人好みなのかも。

中国語の先生(台湾人)が言ってました。
「私は行ったことがありません」

お店のネームカードを見てみると
50店舗近くある鼎泰豐のなかで
実は4店舗しか台湾になく、

中国本土の次に多いのは何と日本!(10店舗)

なるほど、そういう訳ね~~。

と納得してしまった私でした。


と御託を並べてみましたが
きっとまた行くと思います(笑)。

だっておいしいんだも~ん!

■鼎泰豐
HP www.dintaifung.com.tw

今回行ったのは
 復興店 SOGO百貨復興館B2階





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。