スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エビチリ」のお弁当。 
20071031162021.jpg


*エビチリ
*もやしナムル
*ウインナー(塩コショウ味)
*卵焼き(甘味)
*ブロッコリー
*白いご飯(梅干し・白ゴマ)


この日のお弁当のメインはエビチリ

にょにょもにょにょ夫も大好きメニューです。

ですが、お弁当に入れるには、少量だけ作るのが
とっても面倒。。。。。

と思ったときに、出会ったのがこちらのレシピです☆

電子レンジにポーイと ぶち込む お願いするだけで
プリップリのエビチリが出来ちゃいます!!!!


3分で出来ちゃった!!奇跡の簡単エビチリ。のレシピはこちら↓

【エビチリ】(お弁当で約二人分)

・むきエビ       10尾くらい
・長ネギ みじん切り  10㎝分
・おろしニンニク    少々(チューブだと楽チン♪)
・おろししょうが    少々
・ケチャップ      大さじ2
・酒           〃
・ごま油         〃
・砂糖         大さじ1
・しょうゆ       大さじ1/2
・酢          小さじ1
・片栗粉        小さじ2
・豆板醤        小さじ1/2
・中華だし       少々

材料をすべて混ぜて、ラップをしてレンジで3分加熱。

できあがりぃ~!!!!

※結構味が濃い目なので他のおかずは淡白でちょうどいいかも知れません。

スポンサーサイト
韓国のお気に入り~アイスクリーム編。 
私は、無類のアイス好き です

春夏秋冬、24時間、年中無休でアイスを食べられます。

そんな私が韓国に来てハマってしまったものを
今回はご紹介


毎日でもいける!


ククフォァパン、、、かな?(読み方未確認でし。すみません。。汗)

まぁるいパリっとモナカにバニラアイス、パリパリチョコ、
こっくりあずき、そしてもちもちの求肥

なんで日本になかったんだろー。この味。
雪見だいふくとチョコモナカジャンボを一緒に食べたような
えもいわれぬ幸せ感ーーー

たまらーーんっ。


20071030182049.jpg


クッキーオー

オレオアイス、的な??

でもクッキーのところがココア味なだけじゃなくて
ちょっぴり胚芽みたいなのが混じっていて
プチプチするのでふ。

日本のクッキーばさみ系アイスと同様、
上あごにくっついちゃう感じは否めないんですがね

そこがまた憎めないんです


にょにょ夫も負けないくらいのアイス好きなので
夕飯のあと、ぶらぶらと一緒に買いに行ったりします。

にょにょ夫はチャレンジャーなので、毎回違うものに挑戦します。

よく失敗しています。

悔しそうです。


私はこの二つをひたすらリピっているので
毎回大成功です。

あー幸せ。




これらはどちらも、ロッテさんのものです。

日本より勢いがあります。

お菓子も、飲み物も、食べ物も、
スーパーも、ホテルも、マンションも~。
ロッテ、ロッテです。

ロッテ、と書いてあればハズレがないのも事実なんですが。

なんだか廻し物みたいになってきた。

でもまぁ、今後も宜しく、ロッテさん。


ソウルへ。~Hero's Korea 観戦!その3 
20071029143842.jpg


食べすぎでパンパンのお腹を抱えて、いざ会場へ!

いい意味でこぢんまりとしていてリングが近い!!!
東京ドームや武道館では、こうは行かないね~。
ありがたや。ありがたや。


さて、お待ちかねの

HERO`S KOREA・2007

はじまりはじまり~。

ってこの↑写真、開演5分前のもの。
ギリギリにならないと動かない、という韓国のみなさん。
大丈夫なのかっ!?!?!

チケットも前売りがほとんど売れず、当日券を買うのがKorea流。らしい。

「3日以上あとの予定なんて立てられない」そうな。(笑)


20071029143905.jpg


繰り広げられるアツイ戦い。
ホントは私、流血だめなんで、格闘技とか見ないんですよ。
でも、会場の熱気に飲み込まれて

「いけーーーーーー!!」
「そこだーーーーー!!」
「ぼこぼこにしろー!!」

と気付けば口走る始末。。。。完全にお里がばれます。

20071029143919.jpg


特設ステージの迫力とスクリーンに映し出される映像のかっこよさと。
盛り上がりますねー。

格闘技だけじゃなく、エンターテイメントを時々見に行くのは
刺激があって人生を豊かにするなぁ思いました。

20071029143936.jpg


ところで。いました。例の彼。
お客さんとして来ていましたが、明らかに遠近感がまわりと違う(笑)

でかすぎだろーーーー!!!!





ソウルへ。~Hero's Korea 観戦!その2 
お腹もいっぱい、ほろ酔いで車内は爆睡zzzzz


会場を確認して、チケットゲットしました
おごってくれた太っ腹のF氏、ゴチです。
通訳のTちゃん、ありがとー!

会場には格闘技ファンとみえるお兄ちゃんがいっぱい。。。
でも、思いのほか女の子が多くてびっくりー。

開始までまだ時間があるので、
奨忠体育館ちかくの冷麺の名店、平壌冷麺へ。

20071029143746.jpg

水冷麺(ムルレンミョン)。
「麺を切りますか?」とアジュンマに聞かれ、
ハサミでばっさり切ってもらったのでご覧の有り様。あしからず。

20071029143757.jpg

饅頭(マンドゥ)。
これ、1コが女の人のゲンコツくらいあるんですー
でも、あまりの美味しさにペロっと2個も食べました(汗)

冷麺の専門店では饅頭が美味しいところが多いんだそうです。
それから、ツウは無料サービスの肉のスープ(ユクス)を頼むらしい。
T嬢に教えられるがまま、飲んでみたらびーっくり

また美味しいもの、覚えちゃった~

にょにょ夫にも食べさせてあげたい!
今度一緒に行こーっと。
ソウルへ。~Hero's Korea 観戦! 
昨日、またまたソウルに行ってきました~。

にょにょ夫のお友達のお誘いで、
ソウルの奨忠体育館で行われた

HERO`S KOREA・2007

見てきました!!!!

今回も、電車でソウルへ~。

空腹のお腹を抱えて、初挑戦したのは「食堂車


韓国のみならず、人生初の体験に
わくわくしながらメニューを見てみると・・・



あれ???



3種類しかない。。。

添えてある英語訳を読んでみると
①Special Lunch Box 11000ウォン
②Humburg Lunch Box  10000ウォン
③?????(英語訳なし) 8000ウォン

③のメニューの中身がどぅしても気になり、
にょにょ夫同僚のF氏と電子辞書を出して検索。。。。。

なつかしい 重箱 弁当」。

・・・・・

なんだそれ。(笑)

英語訳がむずかしかったんだねー。
Sentimental Double Lunch Box????
とでも言うのだろうか。。。。

結局、中身に関する情報が何一つ得られないまま(泣)
でもどうしても気になって、③を注文してみました、私。

で、出てきたのがこれ↓

(牛のすき煮、手羽のグリル、チョン(練り物のてんぷら)、キムチ、お漬物各種、
煮豆(甘くない!)、ずんだもち風のお餅、韓国のり、ごはん、味噌汁)

20071029143606.jpg


向かいのF氏は ①のスペシャル弁当。
何が違うのか分析したけど、

ナクチポックム(タコの辛い煮物)がはいっている (①)
おかずの配置が微妙に違う
韓国のりが付いている (③)

あとはー
あとはー

・・・・ない。

これの、どこらへんが懐かしいのか、そして重箱なのか、
韓国にはまだまだ謎がいっぱいだ。

昼間のビールがおいしいから、まぁいっかぁ~
ちなみに、ご飯と牛のすき煮、キムチも美味しかったです
ソウルのお気に入りスポット。 
ソウルに行くと、いつも立ち寄ってしまうスポットがあります。

いくつかご紹介☆

20071026175556.jpg


一番の繁華街、明洞にある「神仙ソルロンタン」。

初めて、にょにょ夫に連れてきてもらってから
大ファンのお店です。

牛肉のうっすーいのをコトコトコトコト、
煮込んだスープがメチャウマです。

焼肉で疲れた胃をそっと休めてくれることウケアイです♪
その存在感は、日本食で例えると・・・・
徹夜明けの素うどん」といったところでしょうか(笑)。

テーブルにある塩と胡椒でお好みの味にしてどーぞ。
上級者は、ソルロンタンにご飯をドボっと入れて雑炊っぽく食べます。
それから、備え付けのキムチとカクテキも忘れないで!
これがまた、目が覚めるほどの美味しさです(≧▽≦)


街をフラフラお買い物しているときの給水所(?)がこちら。

20071026175607.jpg


お世話になってます♪の The Coffee bean & Tea Leaf

韓国の街中、あちこちにあります。
メニューはスターバックスなどとほぼ一緒。
でもココのお気に入りの理由は「空いていること」(笑)。

店舗が沢山あるからか、はたまた
1コ1コのお店が広いからか?
経営が心配になってきたりもしますが、
歩きつかれた足をゆっくり休められるので、1日1回は給水に来てしまいます。

そして、常宿がこちら↓

1289_img13.jpeg


鐘路三街(チョンノサンガ)にあるドゥロスホテル

外観や内装もシンプルモダンな感じで好感が持てます。

しかも!二人で一人分くらいのお値段で泊まれます。

フロントでほぼ日本語が通じます。

まわりがラブホテル街です(汗)。

そのことさえギュっと目をつぶれば、とても快適です。
最近人気があるようで、予約が取れにくくなっているのが心配です。


さて、今回はじめて行ってお気に入りにランクインしてきたのがここ↓

夜の屋上


新世界デパートの屋上

新しい方の建物の、屋上です。
今まで行ったことがなかったんですが、
最上階のフードコート(←こちらも割とお手ごろ価格で清潔なかんじ)から出られる、
屋上庭園に行ってみました。

ライトアップされていていたり、水辺があったり、
夜景がキレイだったり。
意外な穴場ですな!
きっと男女は告白とかしちゃうんだろうな!

などと妄想が膨らむいい雰囲気なのでした。

次はあったかい飲み物なんか持ちながら
行ってみたいと思います。
ソウルへ。~電車の旅 
先週、13~14日と、ソウルに行ってきました。

今回は(も?)、電車の旅。
住んでいるところからソウルまでは、特急(?)で約3時間
のんびりいきましょ~う

20071025181633.jpg


こちら、旅のお供のお茶お菓子さんです。

真っ先に気になったのは17茶
16じゃなくて、17です。(笑)
れっきとしたメジャー品です。
韓国の藤原紀香と呼ばれる人気のお姉さんがやっているCMもよく見かけます。
お味は、緑茶ベースの親しみのある、あの味そっくりです☆

その奥が私のお気に入り、オクスス茶です
オクスス=とうもろこし、の髭の部分のお茶らしいですが
麦茶のような体に優しい感じと香ばしさが病みつきです

そのお隣が韓国版『甘栗むいちゃいました』。
名前は。。。多分、マッバンと読むと思います(汗)。
日本の物より、大ぶりなので食べやすくて、
とにかくうま~~い

と。準備も整ったところで、切符をゲットし、ホームに降ります。

20071025181644.jpg


写真が暗くて見えにくいんですが、
日本のホームと大きな違いが!!!!


ホームがめちゃめちゃ低いーーーー!!!!
線路との高低差30センチくらい?
ちょっとした出来心で飛び降りられちゃいそうです。(!)

どれだけ車体の低い電車が来るのかと思いきや。。。。
日本と同じ、いや、むしろ高い!!!

電車に乗る際には、「よっこいしょ!」と
3段ほどの段差を上らなくてはならないのです・・・orz

思いもよらぬところで、日本の便利さに
ありがたさを感じたのでした。。。

つづく。20071025181658.jpg

「豚キムチ」のお弁当。 
豚キムチのお弁当


この日のお弁当は「豚キムチ」がメインです

*豚キムチ
*ウインナー(塩コショウ味)
*ハートの卵焼き(砂糖、ダシの素・塩ちょびっと)
*ブロッコリー
*ミニトマト
*白いごはん(梅干し、白ゴマ)


韓国らしいもの・・・(?)ということで、初UPのお弁当に選びました

実は。。。
豚キムチ、リベンジだったんです。

にょにょ夫のリクエストで作った前回。
いつも日本で作っていたように、
ごま油で豚コマとキムチを炒め、めんつゆで味付けをしたら

「なにかが足りない。やっぱりキムチ料理は食堂のアジュンマ(オバちゃん)
にはかなわないな~。。。


とのコメント

どうやら、日本で使っていたキムチの味と、韓国のそれとが違うために
「イマイチな味」になっちゃったみたい。

色々調べて試してみた結果、
「これでどーだっ!」と突きつけたこの豚キムチ。

お昼ににょにょ夫からのメール。

ブタキムメチャウマー!」

やたー

リベンジ成功!の豚キムチレシピはこちら↓

【豚キムチ 二人分】

・豚バラ 150g
・白菜キムチ 150g
・しょうゆ 小さじ2
・砂糖   小さじ2
・だしの素 少々
・ごま油  少々

1.豚肉に砂糖、しょうゆを揉みこむ。
2.フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒める。
3. 色が変わってきたら、キムチとだしの素を加えて炒める。

※キムチとお肉は大きくカットするとボリュームが出ます。
でも、小さく刻んだ方がそれぞれの味が馴染んでおいしいし、
お弁当箱にも納めやすいです☆
「キンパプ」のランチ。 
今、私が住んでいる韓国でのお気に入り、その1。

キンパプ」です。

20071023190427.jpg


このお店の場合2本入りで、たくあん(韓国語でもタクアンと言います!驚き!)もついて
2500ウォン、300円弱です。

1本で1000ウォンという、お手軽価格のチェーン店もありますが、
名物オバちゃんが作るこの味が、とっても好きです。

韓国風太巻きといった感じで、中身はこんな↓

20071023190437.jpg


卵焼き、かんぴょう、いろいろナムル、たくあん、オデン(魚の練り物系)などなど
とにかく具沢山

巻き簾で巻いてからごま油が塗ってあるので、香ばしいです

うまーーーーーーーい
アジュ、マシッソヨ
ウエディング準備編 ~ブライダルエステ。 
結婚式は、たぶん人生に一度きり。

写真も沢山撮られるし、、、
先に式を迎えていたお友達からのアドバイスもあり、

出費は痛いけれど、気になるところだけちょこっとエステにも行きました

腕を出すデザインのドレスだったので、

課題は「太すぎる二の腕をなんとかする!!!」こと。

ネットであれこれ検索して、、、

比較的近所でブライダルエステが得意、
先払いで安心価格。化粧品の押し売り一切なし。

が決め手となって、こちらの門をたたきました

エステティックサロン「ブリエ」(栃木県宇都宮市)

20071023182259.jpeg



まずはカウンセリングをしてくれます。

結婚式の日時。気になる部分。アレルギーの有無。などなど。

頼りになりそうな美しく、凛としたマダム(←店長さんかも
との相談の結果、

二の腕のスレンダー(低中高周波とマッサージなどでセルライトに効く!)
ブライダルエステ1day (シェービング+全身・フェイシャルトリートメント)

をして頂くことに。
しめて5万円ちょっと。
何十万と掛けることも出来る中で、
この金額で目的は果たせたので、かなり満足できました☆


でもね。。。
カウンセリングを受けたのが式のわずか2ヶ月前

施術を受けるだけでは、目標まで達成できる保証はできないわよ!
という厳しいお言葉

もっと早く来るんだった・・・。
とはげしく後悔しても後の祭り

出来ることは何でもしよう!!
と藁にもすがる思いでビリー隊長のもとに入隊したのであります

20071023184637.jpg


結果。

結婚式までに二の腕-2センチ達成!!

本当はもっと痩せたかったけど。
痩せにくい場所にしては、頑張ったかなー
「ロールキャベツ」の夕ごはん。 
20071020231517.jpg


この日の献立☆

ロールキャベツ(コンソメ味)*いろいろきのこのバター醤油ソテー
*ツナ入りポテトサラダ
*ごはん


急激に、韓国も寒くなってきました。

煮込みが美味しい季節ですな。
コトコト煮ているときの、部屋にこもる湯気のほっこりした感じが
なんとも幸せに感じます。

あー。やっぱり秋っていいなぁー。

ロールキャベツは子供の頃、母親と作った以来だったので、
うまくいくか心配でしたが、ベーコンでうまくごまかして
整えて、美味しくできました

ベーコン効果で塩味も効いたので、
「ご飯がすすむおかず」推進派のにょにょ夫も
喜んで平らげてくれました~。

でも、キャベツを1枚づつキレイにはがせないのが悩み。
何か確実で簡単な方法はないものか・・・・orz
ウエディング準備編 ~リング。 
_l_over.jpeg


今回はリングのお話

20071019212627.jpg


私は、とっても幸せなことに、サプライズでエンゲージリングを頂きました。

貰ったときは、全然そんな予感は抱いてなかったので
(サプライズだから当たり前か^^;)
びっくりして、

そして、、、、、

とっっっても嬉しかった。

いままでの思い出や押し込んでいた気持ちが
わーーーーっと溢れてしまって、
意に反して泣いてしまいました。
これからの一生、この気持ちを忘れずに、
相手のことを思いやっていきたいと指輪に誓ったのでした。

写真はマリッジリング、そして想いが詰まったエンゲージリングです。

ともにティファニーのもので、
マリッジ=ミルグレイン バンドリングの2mmタイプ
エンゲージ=ティファニーセッティング(立て爪)タイプです。

マリッジリングは、世の中的には、ゴツめが流行らしいですね。

しかし、これまで指輪をはめたことのないにょにょ夫。
毎日付けられるギリギリOKがこの指輪でした・・・(笑)
邪魔になって、毎日してくれなったら悲しいし

私も、形と華奢な感じが気に入ったのと、
すでに貰っていたエンゲージリングと重ね付けして
「かわいい!!」と思ったので

例によって即決めの私達、なのでした

ウエディング準備編 ~両家顔合わせ。 
さてさて、会場も決まった、ドレスも決まった。

次の 難関 ステップは『結納』です

とはいっても、私達の場合、両家ともに形式にこだわらない家だったので、
両家顔合わせを兼ねたお食事会』をすることになりました。


最近は、自宅でするケースは少なくなってるみたいですね。
私達の場合も、お互いに気兼ねせずに出来るように、
お店の一室をお借りしてすることにしました

場所は、一応結納の形式から考えて、新婦側の地元に近い料亭に決めました。
(本来は、新婦の家に新郎の家族が出向くものらしいです。)


そこで、私(たち?)らしい工夫をひとつ。

p_furo02.jpeg


この料亭には日帰り温泉も併設してあって、
お部屋で食事をした後に、露天風呂に入れちゃうんです

もちろん、両親どうしは初対面、私たちも相手の両親に会うのは2回目。

「えー!?」

と、思うかもしれませんが、いきなり裸の付き合い(笑)を
してしまうのも、距離が縮められて、かえって良かったかなーと思います

話のネタに困って気まずくならずに済みますしね

ちなみに利用したのはこちら↓
花茶寮http://www.hanasaryo.co.jp/

お部屋も静かで趣があったし、お料理も美味しかった~。

緊張であまり覚えてないですが(笑)。
ウエディング準備編 ~ドレスさがし。その2 
さて、結婚の日取りが決まってからというもの、
ゼクシィなどなど、本屋さんに並んでいるドレス特集や、
ネット、送られてくる資料を眺めては、

どんなドレスがいいかな♪」

と時間も忘れて調べまくっていた私。

南の島で、しかも夏挙式なので、軽い素材がいいな~。とか
ちょっとアンティークっぽい、エンパイアラインのドレスが可愛い!とか。。

こんなライン
big_2258.jpeg


それから、体系カバーの事も気になるしー・・・。
腕は出すべきか、出さざるべきか!?

うーーーーぬぬぬ。。。。
調べれば調べるほど、分からなくなる。。。

結局、こうしたい!という明確なイメージが掴めないまま、
韓国のウエディングドレスショップへと出向く日が来てしまいました。はぁ・・・




当日は、気合を入れて朝9時ごろに梨大(イデ)駅に着きました。

そこから阿峴(アヒョン)方向に大通りを歩いていくと
ずらーーーっと、ドレスばかりがウィンドウに飾られている通りが出現します。

フラフラ歩いていると、センスの良さそうな
ドレスが並んでいるお店に目が留まりました。

ユンデザインさんです。

日本語もなんとか話せる方がいて、(ほっ。)
一生懸命、熱心にカウンセリングをしてくれました。

「どんなラインがいいですか?」
「トレーンの長さは?」
「肩は出しますか?」・・・などなど。

私の身長や雰囲気、また、会場の雰囲気を踏まえたうえで、言われたこと。

「まず、一着着てみましょう!!」

そうなんです。
あれこれ見ているだけで、頭のなかで考えるより、着てみた方が断然早い!
しかも「着たい物」と「似合うもの」って違うんですよね。

で、着てみた1着目がこちら↓

dress.jpg

彼、私、お店の人、全員一致で「これいい!!」

なーんだ。

今まで悩んでたのが嘘みたい。

一応、2着目も着てみましたが、結局この運命の1着をキホンに
デザインしてもらいました。

私がオーダーしたのは、
①肩のストラップをやめて欲しい
②胸あきのラインをまっすぐにして欲しい
③腰のお花の数を減らして欲しい
の3点。

制作には約1ヶ月かかり、出来たら日本の自宅へ送ってくれます。
メールなどでもやりとり出来るそうで、安心できました。

お値段は、ロングベールと手袋、パニエがセットで97万ウォン
(11万円くらい?)でしたやった!

ドレス選びは1日じゃ終わらない~と聞いていたので
なんだかとっても拍子抜け(笑)。

でも気に入ったものが見つかったから、まぁいっか~。


ウエディング準備編 ~ドレスさがし。その1 
昨日に引き続き、結婚準備編です

今回は、会場の後、決めなければいけない、花嫁にとっての一大事

そう、ドレスのお話です

24.jpeg


よく聞かれるのは、「海外挙式の場合ドレスってどうするの??」ということ。

昨日ご紹介したワタベウエディングさんでも、もちろん取り扱っています。
日本でデザインを選んで、試着をして、同じサイズの物を現地で借りることも出来ます。
安心できていいサービスだな、と思いました。荷物も少なくて済むし。^^)

でも、彼のお母さんがレンタルではなく自分のドレスを持っていて、
彼の妹さんが小さい時、お嫁さんごっこをして遊んでいたよ、
という微笑ましいエピソードを聞き、「私もそうしたい!」という気持ちになりました。
私達の大切な思い出を、将来子供にも分かち合えたらステキだな、と。

加えて朗報だったのは、彼の赴任先である韓国では、ウエディングドレス一式が
10万円で手に入るという情報でした。

早速ネットで調べてみると・・・ありました!!
ソウルに、通称ウエディングストリートと呼ばれるドレスショップ街が。

http://www.seoulnavi.com/shop/shop.php?id=1134

ドレスは、ココで作ってもらおう!と満場一致で(?)決定しました。

ウエディング準備編 ・・・式場さがし。 
早いもので結婚式から3ヶ月以上が経過しました。
しました・・・というよりも「してしまったー!」という
表現ほうが近い気がします^^;

ほんっっとにあっという間に月日が流れてしまうので
忘れたくない、大切な思い出をここに残しておこうと思います
また、これから結婚される方の少しでもお役に立てればと幸いです

まずは会場探しのお話から


2_1002b.jpeg

結婚が具体的になる前から、私達夫婦には、
「挙式するなら、海外がいいよね」と漠然とした希望がありました。

お友達の式に参列していくうちに、国内での、みんなに囲まれて
祝福される式にも心移りしていたのですが・・・。

海外ならではの、↑の写真のようなロケーションや眺めの良さに
心奪われ(←私だけでなくにょにょ夫も^^これ重要!)
晴れて海外での挙式とあいなりました~!



さて、海外とは言っても、どこにするか?
定番は「ハワイ」ですよね。
私たちも、『海が見えること』が前提だったので
まず候補に挙がりました。

でも。。。
ちょぉっと遠いんですよね(汗)

嬉しいことに、「海外でも構わない!参加するよー!」という
家族や友人や、親戚が予想に反して沢山いたんです。
その方たちになるべく負担にならないようにしたい。

ということで。
ハワイと変わらない眺めのよさと、
東京からわずか3時間!というアクセスの良さが決め手となり、
グアムでの式場探しを開始

海外挙式の圧倒的なノウハウと経験に惹かれて
プロデュース会社(挙式の手配をしてくれる会社)は
ワタベウエディングさんに決めました。
http://www.watabe-wedding.co.jp/index.html

そこで出合ったのがこちら↓
guam_chapel_p1.jpeg

2006年12月にOPENしたばかりの、白亜の式場、ブルーアステールです
チャペルが海岸に近く、ウエディングフォトがすぐ撮れる、
(他の式場だと、挙式の時間とは別に撮影用の時間を拘束されてしまうんですよね^^;)
というのも決め手となりました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。